傾向

30歳ブサイク。彼女いない歴=年齢。将来どうすればいいのかわからない... ツイッターアカウントはこちら@udon_zuruzuru

『何者にもなれない人生』を受け入れるのは結構難しい

行き止まり。詰み。
僕の人生、今の感情を端的に書くと、こういう言葉になるんだろう。

今後どう生きていけばいいのか分からない。
僕はもう30才だ。年齢的には立派な大人。



ただ現実として僕は低所得者だ。そしてフリーターだ。収入も少なくボーナスもない。そして今後給料が上がる可能性も全くない。

貯金も全くない。年金がもらえるのかどうかも分からない。今はたぶん厚生年金を払っているが、無職の期間も長かったし、その時に国民年金を払っていたのかどうかよくわからないし、自分が年金の受給資格を今後満たすことができるのか、そして、満たしたとしても年金のシステム自体が30年後に機能しているのかどうか非常に疑わしい。(年金のシステムも僕程度の人間には疑われたくないだろうが...)

もらえるとしてもとても少ない金額だろう。
僕はどうやって生活すればいいんだろう?

そしてなによりも【何者かになることを夢見た人間】が【何者にもなれず社会的地位の低い仕事で一生を終える】という事実を未来の僕は受け入れることができるだろうか?

今はまだ30才なので『これから頑張れば文章で食っていけるかもしれない...』という夢のかけらみたいなものにすがって現実逃避が出来ている。【ひょっとしたら...僕は本当に...このままで終わってしまうんじゃないか...?】という不安が頭をよぎることもあるが【まだ大丈夫...もう少し頑張ってみよう...】という根拠のない希望的観測で自分の不安をごまかせている。

いつからごまかせなくなるんだろう?

ひょっとしたら...死ぬまでずっとごまかせてしまうんだろうか...?



僕にとって今一番の関心は「自分のやりたいことで食っていけるか」ということにある。

もっと言えば「自分には文章で食っていけるだけの才能があるのか?」ということだ。自分では「才能がある」と思っている。しかし今はなんの結果も出ていない。

「僕には才能があるはず。でも何の結果も出ていないからその証拠がない。自分が納得、安心できるような結果を出して『やはり僕には才能があったんだ。成功する側の人間だったんだ。僕は間違っていなかったんだ』」と安心したいのだ。

確信がほしい。僕は間違っていなかった、僕は正しかった、という確信が。



こういうことを書くと「何者でもない自分、凡人であるという事実を受け入れることができない自意識が肥大した勘違いおっさんの痛い自分語り」と解釈されそうだ。

解釈っていうか...実際その通りなんだけど...

でも僕みたいな悩み、苦しさを抱えてる人ってたぶんたくさんいると思う。
『何者にもなれない自分』『でも何者かになりたい』って気持ち。

テレビやネットやツイッターとかで、成功している人の生活などがどんどん手軽に見えるようになってきて、成功者の華やかな生活に憧れている人も多いと思う。

いや別に華やかな生活でなくても、少なくとも「好きなことを仕事にできた人」は「俺は好きなことで生活が出来ている」「俺は成功したんだ」「俺は特別な人間なんだ」っていう達成感や満足感や【特権意識】を持ててるだろうから、そこがうらやましい。
『自分は特別なんだ』と思えてるのがうらやましい。それが現実の結果で証明されて安心出来ているのがうらやましい。

僕だって「僕は成功した」「僕には才能がある」って思いたい。自分を認めてあげたいし、社会や女性から認められたい。「中村さんの文章おもしろい!」「中村さんは成功してて凄い!」「大好き!気になる!」って言われたい。思われたい。モテたい。認められたい。

そういう願望がある。



ところで...これを読んでくださっている方は、何者かになれましたか?

あるいは僕と同じように「何者かになろうとしてもがいている最中」なんでしょうか?それとも「私は何者かになるのは無理だ...」と思い平凡な幸せを受け入れることに成功したんでしょうか?それとも元々「自分が特別な存在だとは思ってなくて、何者かになろうなんて思ったことないし、なる必要性も分からない」という方でしょうか?

もちろん全員が何者かになる必要はないですし、なろうとする必要もないですし、なれるはずもないですし、むしろ「何者かになろう」なんて思わない方が幸福度が高い人生を送れるような気がします。

ただ、僕を含めある種の人間は「自分は特別だ。普通じゃない。普通の人と一緒にしないで...」って思ってますから後戻りも出来ないですし、今から考え方を変えることもできません。変えたくもないですし。

 

たぶん僕は【自分のことが好きすぎる】んですね。
あまりにも自分を好きすぎるから自分を変えられない。
自分が可愛くて可愛くて仕方がない。

そして、自分を変えるということはある意味で「今まで自分が信じていたものを否定する」ってことですから、そんな自己否定が出来るわけがない。少なくとも僕はしたくないですね。今までの自分が間違っていたなんて思いたくないですし、実際正しかった、正しい、と思ってます。



【何者かになるか】or【何者にもなれず一生もがき続けて終わる】の二択しかない。もしくは【何者でもない自分を受け入れることができて、普通の人生をそれなりに楽しむ】という第3の選択肢が生まれる方もいるでしょう。相当運が良い人か、環境に恵まれた人か、頭の良い人に限られると思いますが...



何者かになりたいです。誰か僕に文章の仕事か、なんらかのチャンスをくださるとありがたいです...

基本何でもやりますので...

読んで頂きありがとうございました...



ここまで書いてふと思ったんですが...

こういう悩みに比べると、恋愛系の悩みってすごく小さなことのように思えますね。「女性から男として認められるかどうか」よりも「社会から成功者として認められるかどうか」あるいは「社会から認められることで、自分が自分を認めることができる」ことのほうが重要というか...

恋より金や仕事や承認欲求のほうが大事...っていうか。

もちろんそこは密接に関連してるんで一概には言えませんが...


これを読んでくださったあなたが『自分の【何者かになりたい気持ち】とどう向き合ってるのか』が気になります。良かったら教えてください...

読んで頂きありがとうございました。