読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傾向

28歳ブサイク。彼女いない歴=年齢。将来どうすればいいのかわからない... ツイッターアカウントはこちら@udon_zuruzuru

男に相手にされないブスとブスにしか相手にされない男

今回は(も?)かなり気持ち悪い記事なので、

そういうのが嫌な方は、読まないほうが良いかと思います・・・・・。


毎回気持ち悪くてすいませんが、リアルでは、本音を言う友達も、自分をさらけ出せる
場所も無いので、ネットでは、他人に著しい迷惑をかけない範囲で
本音をさらけ出したいと思います。



なお、オチなどはありませんので、そういうのを期待されてる方も読まない
ほうが良いかと思います。

 


彼女は、とても性格が良くて優しい女性だったが、顔が全く
可愛くなかったため、男性からの需要が全く無かった。


下品な言葉を使えば『ブス』だった。


彼女の性格は本当に素晴らしいので『ブス』という言葉は使いたくない。


罪悪感に駆られる。


しかし、あれだけ人間的な魅力をかねそろえた女性が、男性から一切言い寄られない
というのはブス以外に理由が考えられない。


僕が言えることではないが、残念な顔だった。

 


彼女と初めて出会ったのは一昨年のこと。僕はお金があまり無かったため
(当時もかよ・・・)、時給が高くて楽なバイトを探していた。


そのバイト先で彼女と出会った。仕事は簡単な事務作業だった。時給は
1300円くらいだったかな・・・。コスパを考えると悪くなかった。


とても人数が多い職場だったし、彼女は可愛くなかったので(というか
ブスだった)、僕から積極的にコミュニケーションをとりにいく理由は
無かった。


ただ、たまにすれ違ったりすると、会釈をしたり「お疲れ様です」という
簡単な言葉を交わすのだが、そういったやりとりを何度かしているうちに、
その子の穏やかで上品な人間性が感じられ好感を抱いた。

 

しばらくは何も無く過ぎた。


ある日、職場で部署統合や移動があり、たまたま、彼女と僕は隣の席になった。

彼女は面食いで(後々分かったのだが)、僕は結構なブサイクなので、
彼女は僕に何の興味も無かったと思う。


僕は、彼女の顔には、ほとんど魅力を感じなかったけど(ほとんど誰でも可愛いと
思えてしまう僕ですら、彼女を可愛いと思えなかった)すれ違った時の
何気ない言葉のやり取りで人間性に好感を抱いていた。

 

席が隣になってから、僕らはよく話すようになった。


彼女は最初は口数が少なかったけど(おとなしい性格+僕がブサイクなので興味が
湧かず、自己開示をするのがめんどくさかったんだと思う)、
次第に僕のことを信頼(?)というか「この人は悪い人じゃない。悪意を
持って人を傷つけたりしない優しい人だ」ということを理解してくれ、僕に
いろいろと話してくれるようになった。


僕も彼女に、自分が普段感じていること、将来の不安などを少し話すようになったが、
どちらかというと、僕は自分が話すよりも人の話を聞くほうが好きなので、
自然と、彼女の話を僕が聞く、という展開が増えてくるようになった。


昼休みに一緒にご飯を食べたり(2人のときもあれば、グループで食べることも
あった)、夜一緒に帰ることもあった。


彼女は5分くらい喋っただけで「きちんとした家庭で適切な愛情を注がれて
育った、ちゃんとした人」ということが分かるような子だった。


「言わなくてもいいことを言わない子」だった。これがコミュニケーションにおいて、
非常に重要なことだと思う。


無駄なことは一切言わない子で、話題Aから話題Bに突然移ったり、Dのことを
話しているときに、突然Yのことを話し始めたりとか、そういうことが一切無い子で
、穏やかで優しくて丁寧で、一緒にいてストレスを全く感じない子だった。


それほど素晴らしい内面を持った子でも、職場で男性から言い寄られることは
一切無かった(僕が知る限り)


職場恋愛の多い部署だった。「○○と○○が付き合っている」とか
「○○が○○に告白した」とか、そういうことが頻繁に耳に入る部署だった。


彼女は21か22だったと思う。


彼女は今まで、誰とも付き合ったことがなく処女だったらしい。


職場で親しい女の子に「私は誰とも付き合ったことがない・・・」と
相談していた。


僕も、何度か相談の場にいたことがある


「私は誰とも付き合ったことがなくて・・・」と言うと
周りの可愛い子が「Aちゃんは男性と付き合いたいの?」と聞く。

「うん・・・そうですね・・・」と彼女が答える。

周りの可愛い子が「Aちゃんなら、すぐ付き合えるよ~ でもなんで、今まで
付き合えなかったんだろう~?不思議~」

別の子が「ま・・・そういうのは『縁』とか『巡りあわせ』とかもあるからね・・・」
などと言う。

 

その場にいる全員が分かっていたのだが、彼氏が出来ないのは
「ブスだから」だった。でも、そんなこと誰も口に出せない。


誰もが結論を分かっているが、気まずさが半端ではないため、
わざと結論を迂回して「運」だの「巡りあわせ」だの「若いからあせることはない」
だのどうでもいいことを言い合って、気まずさを紛らわし、心の底で
その子を少し馬鹿にしながら、時間が過ぎるのを待っていた。

 

僕は「彼女と寝たい」と思えなかった。単純に顔の問題だと思う。


「男性に性欲を抱かせる顔」ではなかったのだ。


でも、なぜか、僕は彼女のことを考えて、よく自慰をしていた。(なぜ?)


自宅や職場のトイレで、彼女のことを考えて、よく自慰をした。


妄想には主に2パターンあって、
1つめは、当時仲が良かったから、同意の上で、自宅なりホテルなりで
彼女とセックスをするパターン。


2つめは、なぜか飲み会終わりで彼女は酔っていて、
僕の家に寄ることになるというパターン。


「そういうことはしないですよ?」と彼女は言う。

「もちろん」と僕は答える(もちろんってなんだよ・・・)


自宅のベッドに腰掛ける。

「ごめん・・・。ちょっと後ろから抱きしめていい?」と僕は言う。


「え・・・・・」と彼女は言い、恥ずかしそうに微笑む。


僕は後ろから彼女を抱きしめて、首に優しくキスをして、胸を触り、
太ももを撫でる・・・・。(彼女はブスだけど、色白巨乳ぽっちゃりだった・・・)


そこでセックスをする・・・・・。

 

めちゃくちゃ気持ち悪いけど、事実だからしょうがないじゃないですか・・・・。


リアルでは本音を言う場所がないので、ネットでは本音を言わせて
ください・・・・・・・・。

 

彼女と親しくなって、いろいろ喋るうちに「彼女には好きな人がいる」
ということが分かった。


彼女が凄いのは、ちゃんと、相手の男性に告白したことだ。


これは、僕を含め、モテない男子全員(欲しい物があるのに、それを取りに行くのが
めんどくさかったり、万が一、取れなかったときの恥ずかしさや恐怖を
想像して、やらない理由を作る系の人たち)が見習うべきことだと思う。

 

 

そして、あっさり振られた。一瞬で振られた。


理由はいろいろあるが、簡単に言うと「ブスだったから」だろう。

 

そして、彼女は、その後、悪い男に引っかかってしまい、最初のデートでホテルに
行き、中出しされたらしい・・・。(ゴムをつけてほしいとお願いしたけど、
あれこれ理由を言われて、結局つけてもらえなかったらしい・・・・)


僕は、その後、職場を辞めて、彼女と連絡をとることはなくなった。


彼女が今どこで何をしているのか知らない。LINEをすればすぐに分かるだろうけど、
めんどくさい。

 

彼女から、この「中出しの話」を聞いたとき、職場でこれを話したのは
中村さんだけだから、ほかの人には絶対言わないで欲しい、と言われた。
(本当に僕だけなのかは分からない)


僕は誰にも言わなかった。


僕は人の話を聞くことに強い関心がある。その人が何を考えて生きているのか。

好きなものはなんなのか。嫌いなものはなんなのか。何をしているときが楽しいのか。

他人の話を聞くことが好きな人間は少ないだろうから(少なくとも、自分の話を
するのが好きな人よりは少ないだろう)、結果的に『うまくハマる』と、誰かに
信頼されて、その人の心の中に入っていけたと感じるときがある。

僕は、この女性の心に入れた気がする。信頼された気がする。

もちろん「なんでも話してくれた」=「僕を信頼してくれた。心を開いてくれた」では
ないけどね。

信頼してなくても「もう、誰でもいいから話したい」って
時もあるだろうし。

 

僕は彼女から初体験の話とかを聞いてるうちに「たぶん、お願いすれば、彼女と
セックスできるんだろうな」と思った。勘違いかもしれない。
だけど、たぶん、出来たと思う。もちろん、特にやりたくないし、向こうも
僕となんか、やりたくないだろう。


だけど、セックスってある種の安心感の問題じゃないですか。


たぶん、女の子って「この男性と寝たい!」っていう感情よりは
「まぁ、この人、悪い人じゃないから、どうしてもやりたいんだったら、
やってあげてもいいかな。めんどくさいけどね・・・。

まぁ、どっちでもいいや・・・」っていう感情だと思うんですよね。


僕はたぶん、この子との関係において「まぁ・・・セックスは特にしたくないけど、
中村さんがしたいんなら、してあげてもいいかな・・・」というところまで
行けた気がした・・・(勘違いかもしれない)

 

この話の教訓はなんだろう?


少なくとも、僕が分かったことは

『ブサイクでも優しくて誠実であれば、寝てくれるブスもいる』ということ。


そして

『ブス、普通、美人の3種類の女性がいるとして、セックスまでの難易度は
違う』ということだ。


言うまでもないかもしれないけど。

やはり、美人ってたくさんの男性から関心を持たれてるから「男性を選べる立場」だし
、興味が無い男からの誘いを断るのも上手いですよね・・・。

相手を傷つけずに、自分を悪者にすることなく、穏便に切り抜けてしまう・・・。

 

これから、綺麗な女性と、どうにかして仲良くなって、自分なりに、
「綺麗な女性の傾向」を研究したいと思います・・・・・。

 

でわでわ。